何歳になっても綺麗な肌でいたい【肌美人の達人になる】

メラニンを撃退

ビタミンC誘導体の効果

最近の化粧品に多く含まれている成分にビタミンc誘導体があります。 幅広い肌への効果を持っていて、様々な肌の悩みを改善することができます。 一番知られているのが美白効果です。 美白成分として厚生労働省から認可されているように、メラニンの生成を抑えてくれて、シミを作らせない働きを持っています。 また、シミの還元作用も持っていて、すでにできてしまったシミにも働きかけてくれます。 また、ビタミンc誘導体はコラーゲンの生成を活発にする効果があるので、肌の土台であるコラーゲンを増やすのに役立ち、しわやたるみの改善に役立ちます。 そして、抗酸化作用に優れているので、肌を酸化させて老化を早めてしまう活性酸素を除去する働きもしてくれます。 さらに皮脂の分泌を適切にする働きもあるので、ニキビケアにも効果的です。

化粧品のビタミンCについて

食品に含まれているビタミンCは熱に弱く酸化しやすく、体内にためておけないという特性を持っています。 そのため、化粧品に安定的にビタミンCを導入するのが難しかったのですが、安定型のビタミンc誘導体が開発されたことにより、化粧品にもビタミンCを導入することに成功しています。 ビタミンc誘導体は従来のビタミンCと違って肌への浸透力が高く、長時間効果を持続できるというメリットを持っています。 また、化粧水などに配合されている水溶性のものと、クリームなどに配合されている油溶性のものがあります。 最近は浸透技術の高まりにより、新型ビタミンc誘導体も開発され、より肌の奥まで浸透してくれて、高い効果を得ることができるようになってきています。